美術館、博物館

涼を求めて奥武蔵へ

今日の花あしらい ◎奥武蔵へ この日(8月3日)は数十年来の友人の小坂タマ子さんと 日高にある和食料理のお店 「芳月」でランチ、その前に少し時間があったので高麗神社にも二人で参拝。 その後は、武者小路実篤が開いたという「新しき村」へ。 ご案内をして…

梅雨の日々と豪雨見舞

◎環境活動 緑のカーテン 7月5日の早朝 朝顔のヘブンリーブルーがようやく咲き出しました環境にも役立つこのつる性の植物緑のカーテンに仕立てたいのですが、他の植物でネットを張るのに四苦八苦 既にある鉄製のアーチに絡ませることにしました❇️#花と緑のあ…

美術館巡り

川越市立美術館で開催されています < 20世紀の工芸 日本×西洋 > ~新しい表現を求めて~ を先週 観覧してきました。 東京国立近代美術館工芸館の所蔵品の中から大正、昭和の日本の工芸作品と関連する 西洋のデザイン作品(エミール・ガレ など)が展示され…

東京国立博物館へ

昨日は友人に誘われて上野の東京国立博物館で開催されている 両陛下と文化交流展を鑑賞してきました。 上野公園はお花見客で賑わっていました。 朝のうちに八分咲だった上野の桜も午後にはすっかり満開になっていました。 下記は東京国立博物館HP www.tnm.…

三菱一号館美術館へ

先日三菱一号館美術館で開催されている、ラスキン生誕200年記念 ラファエロ前派展へ。 ラスキンの思想に影響を受けたターナーやミレイなどの英国美術の展示が多数あり、 ゆっくりと鑑賞できました。 日本の夏目漱石(1867年ー1916年)(慶応3年1月5日) - (…

青山へ

昨日はYさんの見舞いにJさんと青山まで。 大分落ち着いているので一安心! ある日のY家の庭 根津美術館が近くにありましたので、立ち寄りました。 入口の竹の回廊が見事で別世界に誘ってくれます。建築は隈研吾氏です。 企画展「ほとけをめぐる花の美術」…

*相原求一朗展へ

昨日は川越市立美術館で開催されている<相原求一朗の軌跡>大地への挑戦 を観覧してきました。 北海道の原野で自身の原風景と出会い、モノクロームの色調が詩情豊かに 描かれていました。 川越市立美術館ホームページ http://www.city.kawagoe.saitama.jp/a…

*諏訪湖畔の美術館へ

昨日は川越美術館でお世話になっている、小泉智英先生(川越市在住)の 日本画が展示されています、北澤美術館へ美術鑑賞のバスの旅に行ってきました。 朝は曇り空だったのが、お昼ごろには青空が見え、 爽やかな諏訪湖の風景が楽しめました。 紅葉も始まっ…

*人生フルーツ

昨日バリアフリー映画会(日本語字幕つき、音声ガイドつき)に参加してきました。 鶴ヶ島市社会福祉協議会と声ナビシネマという団体の共催で、 視聴覚に障害がある方も映画が楽しめるという企画です。映画のタイトルは「人生フルーツ」 風がふけば 落ち葉が…

*繭 彩々

昨日は川越美術館の「読み聞かせ」の会に少しだけ参加。 帰り、市民ギャラリーを覗くとユニークな展覧会が開催されていました。川越で生まれ川越で育った蚕 「繭 彩々 展」 会場内の写真パネルを見ると蚕から繭に育つ様子が展示。 そして糸に紡がれ機で織っ…

*アオノリュウゼツラン

東洋大学川越キャンパスに<アオノリュウゼツラン>の花が咲いたと いう情報を頂きましたので、先日見学に行ってきました。 7月20日に開花したそうです。 写真は7月26日のものです。 電灯柱の高さが6Mだそうなので、同じくらいの高さのようです。 川越キャ…

*にじいろのさかな 原画展

昨日は台風が襲来する前にと川越美術館まで行ってきました。マーカス・フィスターの世界「にじいろのさかな」 原画展が始まりました。。会期は7月28日(土)〜9月9日(日)まで。 スイス生まれのマーカス・フィスターの作品を谷川俊太郎氏が訳されている絵本…

*入間市博物館『ALIT』へ

昨日は入間市博物館で開催されています < 吉田写真教室 第8回 写真展 > へ伺いました。 いつも明日荷を気にかけてくださっている、土井さんがご出品されている ということで拝見してきました。土井さんの作品の<スーパームーン登場>は見事なスーパームー…

*さくらんぼ

昨日は川越美術館の日本画倶楽部 小泉塾へ参加レッスン終了後はいつもお茶タイム 光輝いていてなんとも可愛らしい・・・さくらんぼを 頂きました! 友人の T さんからパソコンの写真加工をご教示頂き、 ちょっと素敵な写真ができたので、UPしてみました! こ…

*ギャラリー巡り

今年の明日荷の庭の初薔薇、 ヘルシューレン です。先週は銀座にある友人の画廊、ギャラリーゴトウを訪問。 19日から始まった<谷川俊太郎の世界を描く>展に 伺いました。谷川俊太郎さんの詩をテーマにイメージした絵画は それぞれの作家の方々の個性を益…

*<上野から銀座へ>

先日、上野の森美術館のMIO展へ。 上野の森美術館 MIO展 展示風景 上野精養軒でランチタイム 精養軒は1872年創業だそうで、流石に老舗のお味でしたこの日ご一緒した友人のイレーネ賀集さんは、世界90数か国を旅している方、 昨年はアフリカのト…

*今日は立春 !

朝のうち晴れましたが、午後からは小雨も降り、 まだまだ寒い日々、春の日差しが待ち遠しいです。 梅の枝の合間に見えた、今朝の青空。 そして、先日 川越市立美術館で開催されている <小村雪岱 生誕130年記念展>を拝見してきました。今日のNHK Eテ…

*明日荷に陶芸を常設しています、

矢萩典行氏が日本現代工芸美術展に入選されたということで、 昨日都内に出ましたので立ち寄ってきました。静けさの中に凛とした趣を感じる作品の中に温もりと優しさが感じられました。 拝見していてアーティストとしての真摯な姿が伝わってきました。 丁度東…

*川越美術館の特別展「猫まみれ展」が始まっています。

全国巡回展で関東では川越が初めてだそうで、 連日多くの方で賑わっています。美術館風景。 このところ漱石から始まって、すっかり猫ブーム。この「猫まみれ展」レオナール・フジタ(藤田嗣治)、竹久夢二、 アンディ・ウォーホル、江戸時代の歌川国芳、歌川…

*秋晴れの先日、伊香保まで小さな旅に。

山の上の方はすでに紅葉も始まっていました。 竹久夢二で知られている伊香保ですが、 川越在住で日本画家の小泉智英先生の作品が常設してある、 保科美術館を見学。 美術館のテラスからの素晴らしい眺め・・・。 ランチは近くにあるレストラン<ピノン>で。…

*昨日は、美術館関係の方々と日帰りバスツアーで伊香保まで。

途中立ち寄った、前橋の敷島バラ園の様子。広大な敷地にあるバラ園でした。温室もなかなか見事。 青空に映えた秋バラ ! 以前に明日荷の庭にもあった、<聖火> バラの中でも名花といわれる<アイスバーグ> 前橋のバラ <あかぎの輝き> 花弁の色が蕾から満…

*昨日から川越市立美術館で

池田幹雄 × 滝沢具幸 〜「日本画」のその先へ 〜 展が 始まっています。 会期 10月22日(土)〜 12月4日(日) 花鳥風月を抒情的に描いたものが日本画、、、? そんな日本画の枠にとらわれない作品群です。 池田氏の作品は心象風景をモティーフにした、 シュ…

 *アルゼンチンのブエノスアイレスにある、

世界一美しい本屋さん、下記からご覧になれます。 http://labaq.com/archives/51872003.html それにしても、美しい・・・ ! ! 友人がブエノスアイレス生まれなので、FBでシェアしました。 最近お気に入りのミルクティー!

*東京都美術館で開催されている、若冲展へ。

話題の展覧会とあって、毎日約1時間待ちということ。 この日も約50分待ちの表示が、、、。 並んで並んで、、、ようやく観られました。 若冲の展覧会は今回2回目、やはり初めて観た時の驚きは隠せない。 今回はTVなどでも何度も予習していったせいか、 感じ…

*今日は友人の写真展「光画展」に高崎へ。

会場は高崎シティギャラリー。 高崎市役所に隣接する素晴らしい美術館。 古河に住まう友人は近くの渡良瀬遊水地をテーマに写真を撮られていて、 なかなか素晴らしい写真展でした。 写真展は第2展示室、 そして第1展示室では「フェルメール光の王国展」in T…

*現在開催中の川越市立美術館の特別企画展、

「この絵、私が持ってました」 のサポートをしています。 13日(日)・ 21日(祝・月) 特別企画展会場内にいます。 横山大観の作品なども展示されています。ご観覧ください。

*竹橋にある東京国立近代美術館で開催されている

藤田嗣治、全所蔵作品展に行ってきました。 明治19年東京生まれの藤田は大正3年から昭和6年までパリで活動。 昭和7年から昭和24年まで東京で活動。この間に戦争画を描く。 今回はその時描いた戦争画が主でした。 アッツ島玉砕 ・ ○○部隊の死闘ーニュ…

*小川町にある埼玉伝統工芸会館の

オールドノリタケ展に行ってきました。小川町は和紙の里でユネスコ無形文化遺産にも登録されました。オールドノリタケは日本陶器(ノリタケ)が明治期から戦前までに 欧米に輸出した陶磁器のこと。 芸術的な絵付けや素晴らしい細工にみとれました。 帰り晴曇…

*先日 目白の切手の博物館の横を通り、

休館日だったのが心残りで、10日に再び目白経由で 都電に乗って早稲田に行きました。 切手の博物館は今は昆虫展、、、子供だけでなく大人も楽しめる展示で、 <切手は小さな芸術作品>を感じた瞬間でした。 ミュージアムグッズの中で『切手で伝える 花の園芸…

*昨日は中目黒にある「郷さくら美術館」へ。

知り合いの日本画家で川越市在住の小泉智英先生が 出品されていましたので、拝見してきました。 テーマは「和のこころ」でチラシの右上、 「丹後の雪」が小泉先生の作品です。 丹後の冬の船屋を描いた詩情あふれるその画風は とても素晴らしく、旅への気持ち…