明日荷の庭の蓮(荷)の開花

蓮(荷)の花が開花しました。

 

 

開花したのは7月1日

 

 

蕾の撮影は6月26日です。

 

 

蓮について

スイレン科 ・ハス科

万葉名 はちす

 

蓮の名は果実の入った花托の姿が蜂の巣に似ていることに由来して「蜂巣」と

呼ばれ、それが訛って「ハス(蓮)」と言われるようになったそうです。

 

蓮の葉の上に溜まった水玉の美しさを今年も見ることができました。

この状態をロータス効果と言われています。

 

ロータス効果について

 

  ロータスとは蓮のことで、蓮の葉は表面にワックスのような成分が分泌されて

  いるため、撥水効果があり、葉の表面が凸凹構造になっているため、

  自浄作用がありこれをロータス効果という。

 

蓮(lotus)は泥の多い池や沼を好み、葉や花は泥の中にも綺麗な状態を保つ。

 

仏教では泥の中に咲く「誠の花」とも言われています。

 

ロータス効果 - Wikipedia

 

万葉集には4首読まれているそうですが、そのうちの2首はこの水玉の

美しさを詠んでいるそうです。

 

 

*蓮は中国から渡来しているようです。

 また、インドでは蓮は「聖なる花」と呼ばれ国花にもなっています。

 

 

奈良の唐招提寺に754年に鑑真和上が唐から蓮根を抱えて来日しているようです。

           参考資料 『万葉の花』 片岡寧豊著  青幻舎

 

古代蓮縄文時代2000年前の種を大賀博士が発芽に成功したものだそうです。

千葉市:大賀ハス何でも情報館

 

 

下記は 世界文化遺産唐招提寺の蓮の様子のYouTube

 

 

www.youtube.com

 

 

本庄早稲田の杜ミュージアムへ

昨日は本庄早稲田の杜ミュージアム早稲田大学展示室で開催されています

「高地・山岳地帯の極彩色豊かな 精霊と文化」早稲田大学収蔵コレクションを、

友人のイレーネ賀集さん(日本パプアニューギニア協会理事)と観てきました。

 

 
この早稲田大学のコレクションは2010年に鶴ヶ島市早稲田大学に寄贈したものです。
私達はこのオセアニア民族造形美術品のサポートを10年以上に渡ってしてきました。
2年前にも「セピック川流域の精霊と文化」展が開催され、その時も訪問しました。
今日再び訪問出来、懐かしい美術品に出会うことが出来、ご担当の方々とも交流出来ました。
パワー溢れる美術品の数々がご縁を結んで、繋げてくれ、この活動に携わることが出来たことに感謝の限りです。

 

 

 

本庄市出土の「笑う埴輪」なども展示されています。

 

 

 

www.hwmm.jp

 

 

行きは大宮まで埼京線で。

その後 本庄早稲田までは新幹線を使い快適でした。

少しの時間の贅沢!!

新幹線を待っていると、大宮の北口のそごうのデパートなどが見えてきました。

大宮の放送大学に通っている時の懐かしい風景!!

 

本庄市の笑う埴輪も本庄早稲田駅前のマンホールの絵柄になっています。

 

帰りはハニポンシャトルバスで本庄駅まで、その後は在来線で

池袋まで。

 

池袋の西武デパート空中庭園モネの庭を見学。

 

 

東武のデパ地下にある「みはしのあんみつ」でほっと一息!

 

帰りの東上線TJライナーを使ったので、ゆっくり帰れました。


 

 

 

 

 

伊香保へ

~川越美術館 日本画倶楽部 小泉塾のお仲間と伊香保へ~

 

昨日はコロナでずっと延期になっていました、

小泉塾のバスの日帰りの旅で伊香保保科美術館まで。

 

美術館のカフェの窓辺から見える群馬の山々。

 

 

保科美術館には小泉先生の作品が多数展示されています。

残念ながら内部は撮影禁止です。

 

 

 

 

伊香保 保科美術館 公式ホームページ » 展示作品



 



 

榛名神社にも参拝



山の中は涼しく、唐松草という山野草も発見。

同行した友人が山野草に詳しく教えて頂きました。

 

榛名神社の観光サイト

https://www.city.takasaki.gunma.jp/kankou/history/harunajinja.html

 

 

 

 

ランチは伊香保の名店のピノンで。

 

2022年6月28日(火)

ピノン 夢味亭 の サイト

http://www.pinon.co.jp/restaurent/

 

 

 

下記は川越美術館の小泉先生の図録とホームページです。

小泉先生の作品は川越市立美術館にも多数所蔵されています。

 

川越市立美術館 HP

小泉智英 《川越の春》/川越市

 

 

蓮の蕾 ~  高麗神社へ参拝 

明日荷の庭に「蓮」の蕾が見えてきました。

明日荷の「荷」は植物名で「はす」

玄侑先生にアドバイス頂きました。

このところ、活動の出来ていない明日荷ですが、

昨年は高麗神社の月次祭に茶論の皆様と1年間参列できました。

 

活動の形は変わっても、蓮の花も咲いてくれて嬉しい。

栽培してくれている夫に感謝!



 

 

 

昨日は高麗神社へ。

茅の輪くぐりをして無病息災を祈り、七夕飾りも拝見。

高麗浪漫学会が主宰する「歴史講座」を夫と受講、、、。

 

テーマは「武蔵国分寺の造営と高麗郡

講師は高麗1300副会長・日本高麗浪漫学会会長 元国士舘大学教授 

須田 勉氏  でした。

 

高麗1300の会長の大野松茂氏もご参加でご挨拶できました。

大野さんは高校時代の友人の兄上でもと衆議院議員も務められたお方です。

 

 

 

7月末には高麗神社に明日香村の森川村長がお見えになるご様子。

飛鳥応援大使を拝命して、もう10年以上経ち、ご縁に感謝。

 

 

この日の演題は・・・「飛鳥・藤原」の世界文化遺産登録を目指して

      ・・・ 明日香まるごと博物館づくり・・・

 

 

 

高麗1300HPです。

komagun.j

 

 

公益財団法人 古都飛鳥保存財団|日本人の心の故郷『飛鳥』

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その数日前には所用で実家まで。

所沢の北野天神社にも参拝。

地元の氏子さんが作ったという神馬も拝見。

 



 

 

帰りに当間園芸に立ち寄ると、

ピンクアナベルがあったので、我が家にお迎えしました。

 

 


猛暑の毎日、、ご自愛くださいませ。




 

 

 

古代蓮へ

先日行田の古代蓮の里へ。

行田市郷土博物館で開催中の「木暮照子人形作品展」に出かけてまいりました。

蓮の魅力を国内外に伝えていらっしゃる木暮照子先生の人形作品展、以前にも拝見しているのですが、今回最終日になりましたが、拝見する事が出来感激しました。

 

明日荷の名前も「荷」は植物名で「はす」です。
まだまだ勉強不足を痛感致しましたが貴重な作品を拝見出来、
お写真にも入って頂き、感激の一時でした。

 

素晴らしい作品の数々

 

 

 

 

紫陽花もとてもきれいでした

 

 

 

帰り、さきたま史跡の博物館にも立ち寄り、国宝の「金錯銘鉄剣」
も拝見してきました。
 
 
下記は博物館入場券の裏面の写真です。
 
 

埼玉県発祥の地の石碑も記念に写真を撮りました。

 



www.gyoda-kankoukyoukai.jp

花巡り  智光山公園の花菖蒲 ~ いも膳へ

40年来の友人と久しぶりにランチタイム。

ランチの前に智光山公園の菖蒲が満開と聞いていたので、

見学しました。

 

見事に咲いていました。

 

 

 

 

雨にもマケズ、、、、の宮沢賢治と同郷の友人、小坂タマ子さん、、、

本当につらい時、楽しい時を共に過ごしてきました。

海外旅行もアンコールワットやオーストラリアなど何度かご一緒しました。

 

いつも前向きなタマ子さん、、、沢山のパワーを頂いてきました。

 

有難う、、、!!

 

智光山公園 | 公益財団法人埼玉県公園緑地協会

 

 

 

その後川越いも膳でランチ。

庭園も素敵でした。

 

 

川越 いも膳 - さつまいも料理・今日料理

 

 

 

その後、併設の呼友館で現代日本画展を鑑賞

 
テーマは💫天空からの贈りもの
~宙ノかたち~ 關口浩 日本画
素敵な展覧会でした。
会期は7月2日まで。

館長の矢萩さんもいらして、ご案内していただきました。

呼友館 - ホーム

 

下の写真は 明日荷にあります小坂さんのご主人さま小坂雅俊氏の油絵です。

 

木曽路の桜

 

東京セントラル美術館で開催された、

武者小路実篤賞を受賞された時の図録。

 

この時、私もセントラル美術館に伺いました。

 

 

 

 


小坂さんの建築の絵が好きです、、。







 

庭の花  ベルガモット

庭のベルガモットが満開になりました。

別名 松明草

 

 

 

花、自然の画像のようです

 

 

 

明日荷の庭 youtube  動画のBGMを新しく入れ替えました。

https://www.youtube.com/watch?v=jr0sWTjm4DE

 


www.youtube.com