*今日の<花とアートとライブラリー>は昨日緑のカーテンで

  紹介しましたパッションフルーツの蕾が昼間になって
  咲きましたのでテーマにしました。


パッションフルーツは別名<果物時計草>とも言われ、
その花の形が時計に似ています。

 その時計草のアートは明日荷に展示してあります画家、
八坂圭さんのリトグラフ




八坂さんは現在福岡在住ですが、毎年六本木のギャラリーで 
個展を開催されています。そしてパプアニューギニアの光を
描いてもいらっしゃいます。




 まちライブラリー@ギャラリー明日荷からは八坂さんの絵本
『めくってください I AM A BOOK』を紹介します。
この絵本の中にこの<時計草>の絵が描かれています。




この時計草の絵のあるページには



ほら、お花畑です。きれいでしょ。春と夏と秋と。
少しだけれど冬にも笑顔を見せてくれる。
花たちはいつも皆さんを愛しています。知っていましたか?


こんな言葉で語られています。

写真は今年の八坂さんの個展に伺った時のもの。



イレーネ賀集さんと3人の写真は2012年の個展の時です。



この絵本はまちライブラリー@鶴ヶ島市役所にも寄贈してあります。
また、ギャラリー明日荷ではお貸し出しもしており、
ご希望の方には販売もしております。ご一報ください。