花あしらい

涼を求めて奥武蔵へ

今日の花あしらい ◎奥武蔵へ この日(8月3日)は数十年来の友人の小坂タマ子さんと 日高にある和食料理のお店 「芳月」でランチ、その前に少し時間があったので高麗神社にも二人で参拝。 その後は、武者小路実篤が開いたという「新しき村」へ。 ご案内をして…

睡蓮が咲きました。

◎花とアートとライブラリー 黄色の睡蓮の花が一輪咲きました❇️ 蓮と異なった趣きで水面の近くに咲くのが特徴✨睡蓮と言えばフランスの印象派のクロード・モネの描いた睡蓮を思い出します❇️朝は雨が上がっていたのに、また降り出しました☔️梅雨明けが待ち遠し…

久しぶりの青空

先日(7月19日)ようやく青空が見えました。 庭のカサブランカも咲きましたので、一種で活けてみました! カサブランカは雄大な愛、純粋などの花言葉があります。 この花言葉から<出会い>をイメージして活けてみました。 instagramで世界中の方々に出会っ…

梅雨の日々と豪雨見舞

◎環境活動 緑のカーテン 7月5日の早朝 朝顔のヘブンリーブルーがようやく咲き出しました環境にも役立つこのつる性の植物緑のカーテンに仕立てたいのですが、他の植物でネットを張るのに四苦八苦 既にある鉄製のアーチに絡ませることにしました❇️#花と緑のあ…

半夏生の季節に~多門院の泰山木を見ました

◎花とアートとライブラリー@ギャラリー明日荷 7月に入りました。七十二候では半夏生ですので、庭の半夏生と禊萩(ミソハギ)の花を活けてみました✨ 一年の真ん中の丁度この季節(半夏生)にこのように葉が白くなるので半夏生と呼ばれていますが、七十二候の半夏…

花あしらい 

◎花とアートとライブラリー@ギャラリー明日荷 6年前の<犬も歩けば・・・展>を思い出して、同じお仲間の別の作品からイメージして庭の花を活けてみました。 現代アート作家伊藤彰規さん(北見市)、作家で僧侶の玄侑宗久さん(三春町)、陶芸家の矢萩典行…

茶論de明日荷  Takaya~智光山公園へ

◎茶論(サロン)de明日荷~地域を大切に(6月8日) この日は市民の皆様にお持ち帰り頂くための緑のカーテンの苗を市役所に搬入 その後、明日荷の茶論にご参加の皆様5人で久しぶりにランチ会、そして三密を避けて智光山公園へ散策。 ランチは市内鶴ヶ丘にありま…

早朝散歩  

三蜜を避けて早朝散歩。 いつもは歩いて行ける範囲の若葉駅周辺の新しい住宅街を散歩! 昨日は少し気分を変えて車5分ほどの池尻池まで。 水面が美しく新緑が水に映えていました。 カモやカワセミ、鯉もいます。 そして、午後は庭の薔薇や小さな花で花あしら…

百合の花あしらい

庭に大輪の百合、カサブランカが咲きました。 祈りの花として古代から崇められている百合の花。 絵画などにも象徴的に描かれています。 百合の花言葉は「純粋」「無垢」などで生命や光の象徴。 ダビンチの受胎告知には百合の花が象徴的に描かれています。 フ…

季節の花  未央柳を自作の器に!

庭の未央柳が満開になりました。 随分前に萩に行きました時作成しました花器に活けてみました。 あしらいには近くに生えていたドクダミを! この花器は萩焼の金子信彦さんに手ほどきしていただいて作成したもの。 思い出の器です。 別名 「美女柳(びじょや…

*クリスマスの気分

先日矢萩典行さんの個展で見つけた織部の菓子皿を花器に見立てて クリスマスの花あしらいをしてみました。花材は庭でドライになった植物(バラの実、千日紅、シュウメイギクの綿毛)です。伊藤香奈さんのクリスマスの絵も添えてみました。 下の写真は先日銀…

*秋色づくし

庭のミニバラの実が綺麗でしたので、久しぶりに活け、 秋色の絵画や木彫、陶芸品、写真集や旅本などの作品と一緒楽しみました。 花材 ミニバラ(バレリーナ)の実と花 花器 矢萩典行氏 (陶芸家)木彫 井崎正治氏 (木工作家)版画 森田力氏 庭シリーズ 赤い…

インド日記 その2

インド日記の監督の早川由美子さんのブログです。下記からお読みいただけます。https://www.petiteadventurefilms.com/20180623_screening_report/お花のことも取り上げてくださっています。

*インド日記

昨日は鶴ヶ島ハーモニーふれあいウイークのイベントに参加。 ドキュメンタリー映画監督の早川由美子さんの 〜インド日記〜 ガジュマルの木の女たち〜 の上映会後の トークの時間のためのお花を活けてきました。 会場に活けたお花。]監督の早川由美子さんは昨…

*花あしらい

庭の未央柳と風知草をさりげなく活けてみました。花器は陶芸家 矢萩典行さんの作品です。

*こどものフラワーアレンジメント教室

今日は毎年依頼されている市内学童保育のフラワーアレンジメント教室へ。 今年で7年目、、、。毎年参加している子どもも多く、 すっかり仲良しになっています。春の花材、チューリップなどを使って、子供たちに花に親しんで頂いた。 思いがけないデザインを…

*<お祝いの花>

友人が長い間の社会教育のボランティア活動が評価され、 文科省から賞を頂いたというニュースが入りました。 先日、ささやかなお祝のランチ会を催し、 フラワーアレンジメントのお花を プレゼントし喜んで頂きました。 花材は シンビジューム、スターチス、…

*9月の花あしらい

花材 : 明日荷の庭の植物 秋海棠、ホトトギス、フロックス、花茗荷、 水引、メドウセージ、白山吹 花器 : 竹篭 ...

*8月の花あしらい

花材 : 明日荷の庭の植物 隠れ蓑の実、 紅葉葵の実、 マリーゴールド ルコウソウ、紫蘭の実 花器 : 陶芸家 矢萩典行氏の作品和紙 : 和紙作家リチャード・フレビン氏の作品 その1 その2

*7月の花あしらい

花材 : 明日荷の庭の植物 擬宝珠(ぎぼうしゅ)、 アガパンサス、 風知草、 紫陽花(アナベル)、薔薇(みさき) 花器 : ガラス水盤 擬宝珠とは神社仏閣の高欄や橋の欄干の柱頭部を飾る宝珠。 この植物の蕾が擬宝珠に似ているため擬宝珠(ぎぼし)と 言わ…

*<6月の花あしらい>

花材 : 明日荷の庭の植物 紫陽花2種 花器 : 陶芸家、荒賀文成さんの粉引の花器 荒賀文成さんは京都で作陶される陶芸家で、 明日荷でも個展をしていただいたことがあります。 南青山の <うつわ楓>他京都で活躍されています。

*5月の花あしらい

花材 : 明日荷の庭の植物 菖蒲(あやめ) ・ 未央柳(びようやなぎ)花器 : 薄型水盤 ○ <いずれがあやめかかきつばた>という言葉がありますが、 その違いは・・・・菖蒲(あやめ)菖蒲(しょうぶ)杜若(かきつばた)あやめとしょうぶは同じ字を書きます…

*<4月の花あしらい>

花材 : 明日荷の庭の植物 沙羅の木、利休梅、蘇芳、海棠、ムスカリ 花器 : 自作の器(萩焼の金子信彦先生にご指導 いただきました。)

*3月の花あしらい

花材 : 明日荷の庭の植物 水仙 ・ 日向水木 ・ 雪柳 花器 : 木工作家 井崎正治氏の作品(愛知県蒲郡市在住)

<2月の花あしらい>

バレンタインに併せて、ハートをイメージした テーブルリースをデザインしてみました。 花材:明日荷の庭の植物 スマイラックス、クリスマスローズ、パンジー、 ヒューケラ、ラベンダー、シロヤマブキの実 器 : ガラス管 パンジーは別名<人面草>と言いま…

*1月の花あしらい

花材 : 明日荷の庭の植物 ユキヤナギ、マンリョウ、カシワバアジサイ、 ロウバイ 花器 : 陶芸家 矢萩典行氏の<東天紅>をイメージした花器 『東天紅』 玄侑宗久 著 伊藤彰規 表紙 挿し絵、 矢萩典行 編集 デザイン

*12月の花あしらい

花材 : 明日荷の庭の花 バラ3種、ブルーベリー、ハツユキカズラ、 ホーリーホック、ベアグラス、ローズヒップ、ヒバ 自然界の植物にまっすぐなものはありません、 空中に弧の重なりを描いて永遠のリースを表現してみました。 花 : 植田早苗 花器 : 陶芸…

*11月の花あしらい

野紺菊 なつはぜ 他

*秋のナチュラルブーケを作ってみました。

秋明菊・秋海棠・ホトトギス・サルビアアザレア・イヌタデ エノコログサ・シランの実・ベアグラス 明日荷の庭の花! 天まで届け・・・・庭の香り・・・

*今日、5月1日は鈴蘭の日、我が家の裏庭に咲いた鈴蘭の

ナチュラルブーケの画像です。 フランスの風習ですが、鈴蘭を送られた人は幸せになると いう言い伝えがあります。 鈴のような可愛い花が咲く鈴蘭は花嫁にも似合い ロイヤルウエディングにもよくつかわれます。 下の写真は今年のピンクのシラー。 クイーンオ…